カンボジアのバジル料理

バジル、は種類がたくさんあるらしい。(Wiki先生はこちら)

トップの写真は、ただいま滞在しているカンボジアの居酒屋で食べた、ホーリーバジルと豚肉、ナッツなどの炒め物。

日本でよく使うスイートバジルとは味がちがって、ホーリーバジルのほうが硬派な苦みがあり、肉料理に合う。
ちなみにこの料理はマムを使っておらず、シンプルな醤油で味付けしていました。

_DSC7386

カンボジアへ行くと必ず、かなら〜ず食べるロービーフサラダ。
イタリアンパクチー、玉ねぎスライス、ささげ豆をベースに、キャベツや人参など店によっててきとうな野菜を和え、ヌックマム、ライム汁、刻み唐辛子、少量の砂糖、にんにくなどのソースで下味をしたところに、牛のレア肉を混ぜ込んだ料理です。

カンボジアのロービーフサラダはベトナムのゴイ(これもサラダの名前)と違ってライム汁の割合が多く、酸味のあるさっぱりした味。牛肉も赤味で、おかわりするくらいにばりばりいけちゃいます。

SDIM1062

SDIM1064

アンコールビア。
東南アジアのビールの中では麦芽感があるけれど、ず〜っと飲んでいるとやっぱり日本ブランドがうまいな〜と思う次第であります。(azu)