皿めしアーカイヴ

出るわ出るわ、皿めしの過去写真。笑
このサイト、写真の玉石混合ありまくりですがご容赦を。。

こちらはカンボジア、プノンペンのカンダール市場(通称「うまうま市場」)で食べた皿めし。
バジルが入った鶏肉のトマト煮込み(でも味は決してイタリアンではない)と、水生植物を煮込んだおかずですね。
カンボジアの皿めしはぶっかけ形式ではなく、ごはんとおかずが別々で出てくるところが多い。そして盛りが多い。クメール人は男性も女性も体格がいい人が多いのだけど、よく食べ、体を使ってよく働いているというのもあるような気がします。

Exif_JPEG_PICTURE

ひき肉とピーマンをスパイスで煮込んだカレー(のようなもの)。
東南アジアのカレーは往々にしてびっくりするくらい油を使っており、これでごはん2皿はいけるくらいのオイリー&スパイシーなおかずです。

Exif_JPEG_PICTURE

茄子の皮をむいて、ペースト状になるまで煮込んだカレー(のようなもの)。
ここで注目したいのは上の透明な汁なんですが、これヌクマムです。
カンボジアのヌクマムは透明で、これが本当のヌクマムの色・・・という説も。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらは鶏肉の生姜煮込み。
骨付きの鶏をぶつ切りにして、千切りの生姜とヌクマムで煮込むだけの超かんたんおかずですが、私たちがアジア料理をふるまう時のリクエストが一番多い料理でもあります。

Exif_JPEG_PICTURE

鯉の甘煮、じゃなくて何か淡水魚を甘辛く煮込んだところに、パパイヤのスライスを添えたおかず。

IMG_4338 のコピー

悩んだ時の豚肉たまご。
以上、今日の皿メシアーカイヴでした!