安南グリルチキン

「安南」はフランス統治時代のベトナム北部から中部、今でいうダナンやフエのあたりを指す地名です。
北中部は南部に比べ、鶏肉を使った料理のバリエーションが豊富なこと(南部は豚って感じ。高円寺のベトナム焼き鳥屋「ビンミン」さんも、北部ハノイのお店ですね)や、香辛料を多様に使う料理が多いことから名付けました。

作り方は、クメールペーストとターメリックでマリネした鶏胸肉を鉄板でグリル。するだけ。
少し冷えた頃が味が落ち着いておいしく、今回は仕上げにパセリのドライハーブを散らしていまーす。
(およその作り方をアップしました。材料を揃える余力があればぜひお試しください…… ⇒こちら)

SDIM0775 のコピー

玉ねぎ、マッシュルームのソテーと一緒に食べるバージョン。

SDIM0571 のコピー

こちらは大好き「バンミー」バージョン。(azu)