サロンを続けます。のお知らせ

トップの写真は、1950年代、ベトナム華僑の屋台(と思われる)。
フーティウ、という典型的な庶民の麺料理か(と思われる)。

IMG_6708

IMG_5966

12月、1月限定でリリースしました、アンドシノワーズのプライベートダイニング。
おかげさまで本当にたくさんの皆さまにお越し頂き、私たちも一緒に楽しんでいます。

さて。予約の日程が合わなかった方、リピートの方には2月のご案内もお出ししていること、また、その後のリクエストを頂戴してもいることから、今後もサロンを続けることにしました。

IMG_6404

お客様をしてみてわかったことや、もっとこうしたらいいかも、という点をふまえて、内容に少し改良も加えました。

まだまだご紹介したい料理がたくさんあります。ぜひ、引き続き仏領インドシナの世界をお楽しみ頂ければうれしいです。


【アンドシノワーズの料理教室】

1) デモンストレーション型
----------------------
☆基本料金(6名〜8名)
おひとり7,000円(税込み)〜
→料理5〜6品
→レシピ配布なし
----------------------

2) 参加型
----------------------
☆基本料金(4名〜6名)
おひとり12,000円(税込み)〜
→料理3品
→レシピ付き
----------------------

☆場所
千代田区岩本町
※詳しい住所はお申し込み時にお知らせします。

☆予約メールアドレス
info@indochinoise.com

※最初のご予約はメールアドレスのみとなります。

☆その他
→時間は都合でご指定ください。昼でも夜でも。始まりからお見送りまで、2〜3時間を目処にしています。
→夜は22時クローズです。
→ベジタリアン対応はありません。

以上、私たちができる限りのおもてなしとなりますが・・・!
引き続き、ご連絡をお待ちいたします。

最後に、料理の一部をご紹介。

IMG_6829

華南式ローストダック。
シナモンと八角を煮だした液に粗糖を加えたカラメルを塗り重ねて焼き上げます。



IMG_6702

アモック。
カンボジアの生ハーブ料理。
レモングラス、こぶみかん、ガランガルなど東南アジアの生ハーブをふんだんに使ったペーストが特徴の蒸し料理。白身魚や海老がよく合います。



IMG_6449

ベトナム式ミートローフ。
ベトナム、カンボジアの屋台でよくよく見かける、典型的なごはんのおかず。
挽き肉にきくらげ、ビーフンを加えて練り上げた種に、小量のマム(魚の発酵調味料)を加え、オツな味に。



IMG_6711

マテ貝のタマリンド炒め。
甘酸っぱいジャムのようなタマリンドのペーストがクセになる、南国らしい炒めもの。
マテ貝のほか、さるぼ貝やさざえなどの巻き貝が合いますね。



IMG_6643

スクリーンショット 2016-01-11 15.01.00

わかさぎ。なまずの魚醤煮込み。
メコンの主菜と言える川魚。魚醤と、未精製の粗糖、カンボジアのパームシュガーでシンプルに煮上げます。



IMG_6823

IMG_6844

華僑の黒茶ゼリー。
インドシナはフルーツが豊富な土地柄から、実は甘味のバリエーションが少ない。
あひるのたまごと練乳で作るプディングが有名ですが、
アンドシノワーズではプーアール茶とシナモンを煮だしたゼリーが定番です。