カンボジアの砂糖

行くごとに新しい発見がある、カンボジアの市場よ。。。

トップの写真は、砂糖。
最初見たときは、ウチの母が得意げに作っている、廃油を使った石けんかと思ったのですが、(ちなみにいい石けんです。。)
それのにおいがしないし、周りに甘いお菓子が売られていることから、次第にこれが砂糖なのかもと思うよになりました。

_DSC8415

_DSC7944

ココナツなりを煮詰めたままの水気のある茶色い砂糖から、白っぽく精製された砂糖まで、いろんなステータスの砂糖が並んでいます。
精製した粉砂糖のほうが、輸送に軽いし、料理には油との馴染みもいいだろうのに、なぜわざわざ精製途中の砂糖が売られているのかとても気になる・・・。

_DSC8340

カメラを向けると、「白い(精製した)砂糖を撮ってよ」というよなことを言われたそうで。
ここでは白砂糖は高級品で、家使いの砂糖は精製途中のペーストでいいじゃん、ということなんだろうか。

_DSC8418

砂糖屋さんの裏で売られている、揚げバナナ。
バナナに、小麦粉と砂糖の衣をつけて揚げたお菓子で、超おいしいけれど確実に太る料理ですな。(azu)